横浜で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談<span> by 弁護士法人心</span>

Q&A

保険会社から交通事故証明書を提出するように言われました。交通事故証明書とはどのような書類ですか?また、取寄せ方はどうすればよいですか?

  • 文責:所長 弁護士 湯沢和紘
  • 最終更新日:2021年3月16日

1 交通事故証明書とは

交通事故証明書とは、交通事故が発生したことを証明する書類になります(参考リンク:自動車安全運転センター・交通事故に関する証明書)。

発行してもらうためには、警察に交通事故を届け出ている必要があります。

交通事故証明書には、交通事故の発生日時、発生場所、交通事故の当事者の氏名、住所、生年月日、交通事故に関係する車両の種別と車両番号、交通事故の類型(追突、正面衝突など)などが記載されています。

交通事故証明書は、交通事故を警察に届け出ていないと発行されないので、交通事故に遭った場合は必ず警察に届け出るようにしましょう。

2 交通事故証明書の取寄せ方

交通事故証明書は、自動車安全運転センターが発行しています。

交通事故証明書の発行の申請は、郵便局・ゆうちょ銀行で費用を払い込んで申請する方法(申込用紙は、警察署や交番、自動車安全運転センターの事務所等で入手できます。)、自動車安全運転センターの事務所の窓口で申請する方法、自動車安全運転センターのウェブサイトからインターネットで申請する方法などがあります。

いずれの場合も、交通事故の発生日時、発生場所、届出た警察署等を事前に確認しておくと、手続きがスムーズに行えると思います。

なお、交通事故証明書は、人身事故の場合は事故から5年、物損事故の場合は事故から3年経過すると、原則発行されないので注意が必要です。

3 交通事故のご相談は弁護士法人心へ

交通事故では、過失割合、治療期間、後遺障害の有無、損害賠償額(特に慰謝料額)など、争点になりうる事項が多数あるため、早めに、交通事故案件を多く扱っている弁護士(法律事務所)に相談されることをお勧めします。

横浜にお住まいの方で、交通事故でお困りの方は、ぜひ弁護士法人心までご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ