入通院慰謝料と通院との関係| 横浜で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談<span> by 弁護士法人心</span>

「損害賠償金(示談金)」に関するお役立ち情報

入通院慰謝料と通院との関係

  • 文責:所長 弁護士 湯沢和紘
  • 最終更新日:2021年3月9日

1 入通院慰謝料と入通院日数

交通事故被害にあって負傷した場合、加害者に対し入通院慰謝料の支払いを求めることができます。

入通院慰謝料は、事故によりけがをし、入通院治療をしなければならなくなった精神的苦痛を被ったことに対する賠償ですので、被った精神的苦痛の程度に比例して慰謝料の額が変わるのが自然です。

しかし、精神的苦痛は目で見えるものではなく、その程度を判断するのは容易ではありません。

そこで、実務上、入通院慰謝料の額は、目に見えるわかりやすい数字である入通院日数をもとに算定されています。

2 算定方法の種類

多くの場合、加害者側保険会社が最初に提示してくる金額は、いわゆる自賠責保険の基準に従って算定されています。

自賠責保険基準では、入通院1日あたりいくらとされています。

自賠責保険の基準は、通常裁判所が使用している基準とは異なっており、低額になりやすいものです。

裁判所が使用する基準は、いわゆる裁判所基準、弁護士基準などと呼ばれています。

弁護士も、通常この基準を踏まえて算定します。

この基準では、入通院1日あたりいくらという計算とは異なり、入通院期間をもとに額を算出します。

その計算方法は複雑であり、自賠責保険基準ほど単純に額を算出することができません。

3 通院先

交通事故被害にあわれた方の通院先としては、病院、接骨院・整骨院、鍼灸、整体などが考えられます。

病院での治療については、原則として入通院慰謝料との関係では特に問題ありません。

接骨院・整骨院についても、原則として入通院慰謝料との関係での問題はそれほどありません。

ただ、接骨院・整骨院については、受けた治療が必要かつ相当であることの証明が病院での治療と比較してやや難しいという点は注意が必要です。

鍼灸、整体については、原則として入通院慰謝料の算定における入通院日数に含まれません。

上記のとおり、どこに入通院してもよいということではありませんので、注意が必要です。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ