交通事故にあった直後にやるべきこと| 横浜で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談<span> by 弁護士法人心</span>

「その他」のお役立ち情報

交通事故にあった直後にやるべきこと

  • 文責:弁護士 湯沢和紘
  • 最終更新日:2020年11月13日

1 警察に連絡する

事故が発生した場合,警察に連絡しなければなりません。

中には,警察に届け出ないでおいてしまっているケースもあるようですが,後日不利になる可能性があるため,交通事故被害にあわれた場合,早期に警察に連絡をするべきです。

警察に連絡をしておかないと,後日事故の発生自体を争われたり,事故の発生状況について争われたりすることもあります。

2 通院する

事故直後は痛みの存在に気づかなくても,実はけがをしている場合もあります。

冷静になったときに痛みに気づいたり,検査を受けることでけがに気づいたりすることもあります。

そのため,事故にあった場合には,痛みに気づいていなくても,けがをした可能性があれば,一度通院して検査を受けておく方が安心です。

3 証拠保全をする

交通事故現場がどのような状況であったかを後日知る手段は限られています。

取りうる手段も,警察の作成する現場の実況見分調書,ドライブレコーダーの映像,近くの防犯カメラの映像などがありますが,実況見分調書は当事者の記憶に基づいて作成されるため記憶違いの可能性があり,ドライブレコーダー,防犯カメラの映像は,存在しないことも多く,存在しても事故の一部しか残されていないことも少なくありません。

そこで,少しでも正確な証拠を集めるために,交通事故直後に現場で証拠保全をしておく必要があります。

特に,事故直後の車両の位置関係は,衝撃の程度や事故の発生状況を推測するうえで非常に重要となりますので,画像の撮影をしておくとよいでしょう。

4 その他

上記で述べた以外にも交通事故直後にしておくべきことはあります。

万が一のために,あらかじめ知っておくとよいかもしれません。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ